2021年5月11日火曜日

Hagiwara Sakutarō murió 萩原 朔太郎 歿 (1942) 老年と人生 / Adiós, amigo (Underground 1995) / Andrés Iniesta nació (1984) イニエスタ誕生 / The Inspiration Behind 'The Sun Also Rises'






☝ Underground 126mさらば友よ




さらば友よ











(al) cien por cien


 Hagiwara Sakutarō (萩原朔太郎, Maebashi, prefectura de Gunma; 1 de noviembre de 1886 – Tokio; 11 de mayo de 1942) fue un escritor japonés de versos libres, de la era Taishō y Shōwa. Fue el iniciador del verso libre en Japón, liberando de las reglas tradicionales de la poesía japonesa, y es considerado el “padre de la poesía coloquial moderna en Japón”. Publicó numerosos ensayos, críticas culturales y literarias, y aforismos sobre su carrera.

Luego de seis meses de una lucha con un aparente cáncer de pulmón, en la que los doctores le diagnosticaron una neumonía aguda, murió el 11 de mayo de 1942

現在の Ernesto Mr. T より10歳若い55歳でした。Hagiwara Sakutarō


 老いて生きるということは醜いことだ。自分は少年の時、二十七、八歳まで生きていて、三十歳になったら死のうと思った。だがいよいよ三十歳になったら、せめて四十歳までは生きたいと思った。それが既に四十歳を過ぎた今となっても、いまだ死なずにいる自分を見ると、我ながら浅ましい思いがすると、堀口大学ほりぐちだいがく君がその随筆集『季節と詩心』の中で書いているが、僕も全く同じことを考えながら、今日の日まで生き延びて来た。三十歳になった時に、僕はこれでもう青春の日が終った思い、取り返しのつかない人生を浪費したという悔恨から、泣いても泣ききれない断腸悲嘆の思いをしたが、それでもさすがに、自殺するほどの気は起らなかった。その時は四十歳まで生きていて、中年者と呼ばれるような年になったら、潔よく自決してしまおうと思った。それが既に四十歳を過ぎ、今では五十歳の坂を越えた老年になってるのである。五十歳なんて年は、昔は考えるだけでも恐ろしく、身の毛がよだつほどいやらしかった。そんな年寄りになるまで生きていて、人から老人扱いをされ、浅ましい醜態をさらして徘徊はいかいする位なら、今のうちに早く死んだ方がどんなにましかも知れない。断じて自分は、そんな老醜を世に曝すまいと決心していた。ところがいよいよ五十歳になってみると、やはりまだ生に執着があり、容易に死ぬ気が起らないのは、我ながら浅ましく、卑怯ひきょう未練の至りだと思う。
 しかしこうした考えを持ってるのは、おそらく僕や堀口君ばかりでなく、一般の芸術家に共通したことだと思う。「芸術家に年齢なし」という言葉は、芸術家が、精神上において永遠の青年であることを言ったのだが、精神上において、永遠の青年であることを欲するものは、同時にまた肉体上においても、永遠の青年であることを欲するところの人々である。肉体や容色の美を財産とする俳優や女優たちが、世の常のいかなる人にもまして、老いを悪夢のように恐れいとうのは当然であるが、そんなことに関係のない文学者や詩人たちも、老いを恐れ厭うことの心理においては、決して彼らの俳優たちと変りがない。故芥川龍之介の自殺については、色々な動機が臆測おくそくされているけれども、或る確かな一説によれば、あの美的観念の極度に強い小説家は、常に自分の容貌ようぼうのことばかり気にして、老醜を曝すのを厭がっていたということだから、あるいはおそらくそうしたことが、有力な動機になっていたかも知れないのである。芸術家の心理を理解しない、世間の一般人の眼から見たら、文学者がこんな動機で自殺するなんていうことは、滑稽こっけいに類する馬鹿気たことに思われるかも知れないが、僕らの同じ仲間には、そうした気持ちの痛々しさが、同情によって充分によく解るのである。ギリシアの神話にある美少年ナルチスは、自分の青春の姿を鏡に映して、惚々ほれぼれと眺め暮していたということであるが、芸術家という人種は、原則として皆一種の精神的ナルチスムスである。彼らは決して、世の常の洒落者しゃれものやおめかしやでなく、むしろ概してその反対であるけれども、その心の中の鏡に映して、常にイメージしている自分の姿は、永遠の美少年でありたいのである。(だから彼らは、故意にかえって現実の鏡を見ないようにし、常に無精髭ぶしょうひげやしてきたなくしている。)
 だが老いということも、実際にはそれほど悲しいものではない。むしろ若い時よりは、或る意味ではるかに楽しいものだということを、僕はこの頃経験によって初めて知った。僕の過去を顧みても、若い時の記憶の中に、真に楽しかったと思ったことは殆んどない。学生時代には不断の試験地獄に苦しめられ、慢性的の神経衰弱にかかっていたし、親父おやじには絶えずおこられて叱責しっせきされ、親戚しんせきの年上者からは監督され、教師には鞭撻べんたつされ、精神的にも行動的にも、自由というものが全く許されてなかった。何よりも苦しいことは、性慾ばかりが旺盛おうせいになって、明けても暮れても、セクスの観念以外に何物も考えられないほど、はげしい情火に反転悶々もんもんすることだった。しかもそうした青年時代の情慾は、どこにもはけ口を見出すことができなかった。遊女や売春婦等のいる所へは、絶対に行くことを禁じられていたし、第一親がかりの身では、そんな遊興費の銭を持つことができなかった。その上僕の時代の学生や若者は、擬似恋愛をするような女友達もなく、良家の娘と口をくようなチャンスは殆んどなかった。そんなはけ口のない情慾を紛らすために、僕らは牛肉屋へ行って酒をあおり、肉を手掴てづかみにして壁に投げつけたり、デタラメの詩吟をうたって、往来を大声で怒鳴り歩いたりした。しかもその頭脳の中には、詰めきれないほど残ってる試験の課題が、無制限の勉強をいているのである。そうした青年時代の生活は実にただ「陰惨いんさん」という一語によって尽される。「青春の歓楽」などということは、僕らはただ文字上の成句として、一種のイメージとしてしか知らなかった。
 初めて僕が、多少人生というものの楽しさを知ったのは、中年期の四十歳になった頃からであった。その頃になってから、ようやく僕はわずかなりにも、多少原稿料による収入が出来、親父の手許てもとを離れて、とにかく妻と東京に一戸を構え、独立の生活をすることができた。その時以来、僕は初めて「自由」ということの意味を知った。人が自由ということを知る最初の経験は、子供が親の手を離れ、年長者の監督や拘束から解放されて、独立の生活をした最初の日である。同時にまたその時以来、僕は物質の窮乏などというものが、精神の牢獄ろうごくから解放された自由の日には、殆んど何の苦にもならないものだということも、自分の生活経験によって味得みとくした。そして五十歳を越えた今となっては、かつて知らなかった人生の深遠な情趣を知り、したがってまたその情趣をあじわいながら、静かに生きることの愉楽を体験した。それは父の死によって遺産を受け、初めて多少物質上の余裕を得たことにも原因するが、より本質上の原因は、むしろ精神上での余裕を得たことに基因する。若い時の生活が苦しいのは、物質上の不自由や行為の束縛にあるのでなく、実にその精神上の余裕がないからであった。青年の考える人生というものは、常に主観の情念にのみ固執しているところの、きわめて偏狭なモノマニア的のものである。彼らは何事かを思い詰めると、狂人の如くその一念に凝り固まり、理想にいんして現実を忘却してしまうために、ついには身の破綻はたんを招き、狂気か自殺かの絶対死地に追い詰められる。そこで詩人が歌うように、若き日には物皆悲しく、生きることそれ自体が、既に耐えがたい苦悩なのである。しかるに中年期に入って来ると、人は漸くこうした病症から解脱げだつしてくる。彼らは主観を捨てないまでも、自己と対立する世界を認め、人生の現実世相を、客観的に傍観することの余裕を得て来るので、彼自身の生きることに、段々味のある楽しみが加わって来る。その上どんな人間でも、四十歳五十歳の年になれば、おのずから相当の蓄財と社会的地位が出来て来るので、一層心に余裕ができ、ゆったりした気持ちで生を楽しむことができるのである。
 僕も五十歳になってから、初めてそういう寛達の気持ちを経験した。何よりも気楽なことは、青年時代のように、性慾が強烈でなくなったことである。青年時代の僕は、それの焦熱地獄のベットの上で、終日反転悶々して苦しんだが、今ではもうそんな恐ろしい地獄もない。むしろ性慾を一つの生活気分として、客観的にエンジョイすることの興味を知った。昔の僕には、茶亭に芸者遊びをする中年者の気持ちが、どうしても不思議でわからなかった。しかし今では、女を呼んでしゃくをさしたり、無駄話をしたり、三味線をかせたりしながら、そのいわゆる「座敷」の情調気分をあじわいつつ、静かに酒を飲んで楽しむ人々の心理が、漸くはっきり解って来た。つまりこうした中年者らは、享楽の対象を直接の性的慾求に置くのではなく、むしろその性的なものを基調として、一種の客観的な雰囲気ふんいきを構成する事で、気分的に充分エンジョイしているのである。きつくような情慾に飢えていた青年時代に、こうした雰囲気的享楽の茶屋遊びが、無意味に思われたのは当然だった。おそらく青年時代の情慾は、戦場にある兵士らのそれと同じく、正に仏説の餓鬼地獄に類するだろう。汗で油ぎってる黒い顔に、いつも面皰にきびを吹き出してる中学生の群を見る時、僕は自分の過去を回想して、言いようもなく陰惨の思いがする。かりにメフィストフェレスが出現して、今一度青春を与えようと約束しても、僕はファウストのように小躍こおどりして、即座にびつくか否かは疑問である。
 しかし、苦悩がないということは、常にその一面において、快楽がないということと相殺そうさいする。老いて人生が楽しいということは、別の側から観察して、老年のやるせない寂しさを説明している。世の中年者らが、茶屋遊びの雰囲気を楽しむというのも、所詮しょせんして彼らが、喪失した青春の日の情熱とよろこびを、寂しく紛らすための遊戯に過ぎない。老いて何よりも悲しいことは、かつて青年時代に得られなかった、充分の自由と物質とを所有しながら、肉体の衰弱から、情慾の強烈な快楽に飽満できないという寂しさである。だがそれにも増してなお悲しいのは、真の純潔な恋愛を、異性から求められないということである。八十歳になったゲーテが、十八歳の娘に求婚して断られた時、彼はファウストの老博士を想念し、天を仰いで悪魔の来降を泣き呼ばった。名げ功成った一代の英雄や成功者が、老後に幾人のめかけを持っても、おそらくその心境には、常にちない蕭条しょうじょうたるものがあるであろう。百万石の殿様から恋をされ、富貴を捨てて若い貧乏の職人に情立てした江戸の遊女は、常識的の意味で悲劇人であった。だがそれを悲しみ怒って、愛する女をった中年の殿様は、もっと哲学的の意味で悲劇人であった。
 神が人間のために、この世界をつくったという聖書の記事が、もし本当であるとすれば、人間は神に向って大いに不平を言う権利があると、アナトール・フランスが苦情を言ってる。彼の註文ちゅうもんすることは、神が何故に人間を、昆虫のように生態させてくれなかったかと言うのである。昆虫の生態は、幼虫時代と、蛹虫ようちゅう時代と、蛾蝶がちょう時代の三期に分れる。幼虫時代は、醜い青虫の時代であり、成長のための準備として、食気くいけ一方に専念している。そして飽満の極に達した時、繭を作ってさなぎとなり、仮死の状態に入って昏睡こんすいする。だがその昏睡からめた時、彼は昔の青虫とは似もやらず、見ちがうばかりの美しい蝶と化して、花から花へ遊び歩き、春のうららかな終日を、恋の戯れに狂い尽した末、歓楽の極に子孫を残して死ぬのである。人間がもしそうであったら、アナトール・フランスの言うように、たしかに理想的であったろう。青年時代に、我々は多くの修業と勉強をせねばならない。その時我々が青虫だったら、性慾の衝動に悩ませられることもなくひたすら成長のための準備として、知識や技術の習得に努めることができるのである。そして準備が完成した時、一先ひとまず蛹となって昏睡し、再度新しく世に出た時には見ちがうばかりに美しい肉体と旺盛な性慾を持ったところの、水々しい青春の男に化している。そして、過去に既に修得した技術や知識や、豊富に貯蓄された財産やによって、人生を心のままに享楽した後、多くの子孫を残して安楽に死ぬことが出来るのである。
 だが人間の生態では、この順序が逆になってる。我々は人生の青春時代に、過剰の情慾に悩みながら、不断の休みなき勉強と修業をせねばならない。そしてようやく準備が終り、一人前の人間として、充分の知識や財産をたくわえた時には、もはや青春の美と情熱とを失い、せみ脱殻ぬけがらみたいな老人になっている。昔の明治時代の学生は、「少年老いやすく学成りがたし。一寸の光陰かろんずべからず。」というような文句を、洋燈ランプかさに書きつけて勉強した。だが彼らの書生は、二重の意味で悲哀であった。なぜならその言葉は、再度来ない青春の日の楽しさを、むなしくあだにすごすことによって、老年の日のくいを残すなという意味を、逆説的に哲学しているからである。
 しかしさすがに西洋人は、人生を享楽することの秘訣ひけつを知ってる。彼らの学生生活は、一方に学問を勉強しながら、一方にスポーツをしたり、音楽を楽しんだり、異性とダンスをしたり、恋愛を語ったりすることで、青春の若い時代を、相当に享楽することができるのである。今の日本の学生らは、こうした西洋のカレッジライフを輸入している。だが昔の学生や青年らは、全くその青春時代を禁圧されてた。封建時代は勿論もちろんのこと、明治時代に入ってさえも、我々の国の若者たちは、全くその「青年の日」の自由と楽しみを奪われていた。彼らにはスポーツもなく、ダンスもなく、恋愛もなく、そして売春婦以外のどんな異性にも、殆んど接することができなかった。封建時代はもっとひどく、すべての少年や青年たちが、老人と同じように教育され、四書五経等の経書けいしょによって、すべての青春的なる自然性を抑圧され、一切の享楽を悪事として禁罰された。
 しかしこうして育った日本人が、一生を通じて、西洋人より不幸であるとは考えられない。なぜなら彼らは、老後において妻子眷族けんぞくにかしずかれ、五枚蒲団ぶとんの上に坐って何の心身の苦労もなく、悠々ゆうゆう自適の楽隠居らくいんきょをすることができるからだ。反対に西洋人は、老年になってからみじめである。子に親を養育する義務がなく、社会に敬老思想のない外国では、老いて生活力を失った人々が、家庭からも社会からも全く廃人扱いをされてしまう。こうした寂しい老人や老婦人らが、養老院の一室で骨牌カルタをしながら、互に慰め合ってる異国風景を、外国映画のスクリンで見る時ほど、西洋という国の悲しさと味気なさを、沁々しみじみと思わせることはないのである。
 要するに初めきものは終が悪く、終善きものは初めが悪い。終始一貫して善い人生などというものは、西洋人の工夫した社会にもなく、東洋人の道徳する社会にもない。「年を取るてえと、めえ物を食うより楽しみがないのに、歯が悪くなるから、だんだん旨めえ物がなくなっちまあ。こんなべら棒な話ってあるかい。」と、老優市村羽左衛門いちむらうざえもんが憤慨したのも、西欧の文人フランスが嘆いたことも、所詮は人間のために、神が万物を造ったという聖書の記事を、人間のエゴイズムに前提した苦情にすぎない。本当のことを言うと、神は人間の幸不幸など初めから考えてはいないのである。万物の玄牝げんぴんたる自然の母は、一切の生物を生み放しにして、彼ら自らその個体と種族を保存さすべく、生命本能という因果なものを与えてくれた。働く時にもなまける時にも、僕らは絶えずその苛虐かぎゃくむちに打たれているのだ。そこで仏陀ぶっだやショペンハウエルの教える通り、宇宙は無明むみょう闇夜あんやであって、無目的な生命意慾に駆られながら、無限に尽きないごうの連鎖を繰返しているところの、嘆きと煩悩ぼんのう娑婆しゃば世界に外ならない。しかもその地獄から解脱するには、寂滅為楽じゃくめついらく涅槃ねはんに入るより仕方がないのだ。南無阿弥陀仏なむあみだぶつ、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏と、何遍唱えたところでピリヨードがない。
 しかし日本人という人種は、こうした仏教の根本原理を、遺伝的によく体得しているように思われる。彼らは『徒然草つれづれぐさ』の兼好けんこう法師に説かれないでも、僕位の年齢に達するまでには、出家悟道の大事を知って修業し、いつのまにか悟りをひらいて、あきらめの好い人間に変ってしまう。トルストイやゲーテのように、中年期を過ぎてまでも、プラトニックな恋愛を憧憬しょうけいしたり、モノマニアの理想に妄執もうしゅうしたりするような人間は、すくなくとも僕らの周囲にはあまりいない。して見れば僕のような人間、初老の年を既に過ぎて、馬鹿げた妄想や情熱から、未練に執着を脱しきれないような男は、日本人としては少しケタはずれで、修業の足りない低能児であるかも知れない。とにかく老年を楽しむために、まだまだ僕は修業が不足で、充分の心境に達していないことを自覚している。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゲーベル フンメル人形 置物 school boys 男の子【中古】
価格:33000円(税込、送料無料) (2021/1/19時点)



Andrés Iniesta (Fuentealbilla, Albacete, 11 de mayo de 1984), más conocido simplemente como Iniesta, es un futbolista español que juega como centrocampista en el Vissel Kobe de la J1 League de Japón.誕生

イニエスタも今日で37歳です。
 
 
Andrés Iniesta (Fuentealbilla, Albacete, 11 de mayo de 1984), más conocido simplemente como Iniesta, es un futbolista español que juega como centrocampista en el Vissel Kobe de la J1 League de Japón.


Andrés Iniestaイニエスタ



PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へにほんブログ村 海外生活ブログへ



スペイン, 言語, 文学, 映画, 闘牛,+雑学 - にほんブログ村


 
ここ3~4日に拙ブログへの visitas ページビュー audiencia があった(Japón 日本以外からの)地域(国々) ☞ España スペイン、Francia フランス、Estados Unidos アメリカ合州国、Italia イタリア、Países Bajos オランダ、Canadá カナダ、Portugal ポルトガル、Alemania ドイツ、México メキシコ、Rusia ロシア、Moldova モルドバ、Suecia スウェーデン、Pakistán パキスタン、Malasia マレーシア、etc.
 

 
 
 

Conversaciones con mi jardinero 画家と庭師とカンパーニュ (Dialogue avec mon jardinier 2007) 格差、友情,幸福、somos mortales / circunscripción スペイン語学習 COVID-19 

2021年5月10日月曜日

Entrevista a Santiago Martín El Viti ("El Viti y yo") / コンゴウインコ (Underground 1995) un loro / Tendido Cero / スペイン、非常事態を解除 対コロナ、国内移動自由に Miles de españoles, de fiesta tras el fin del estado de alarma: "Por fin podemos estar en la calle y no sentirnos como delincuentes"









1941. Belgrado, II Guerra Mundial. Marko y Petar, delincuentes y amigos, luchan contra los alemanes. Petar resulta herido y se refugia en un sótano junto a un grupo partisanos. Mientras tanto, Marko se convierte en un héroe. Sin embargo, mantiene encerrado a su amigo durante veinte años asegurándole que la guerra no ha terminado; así, consigue alejarlo de Natalja, la chica que ambos aman. Cuando, por fin, Petar sale de su escondite se encuentra con otra guerra: su país ya no existe.  

cf. estar al loro《俗》事情に通じている




Plus ça change, plus c'est la même chose.
















"El Viti y yo", es un libro de recuerdos y añoranzas. El autor conoce a "El Viti", cuando tenía 9 años, el torero en ese momento tiene 19, entre ambos se crea desde el primer momento un vínculo fraternal, dónde José Luis encuentra en "El Viti" la figura de un hermano mayor. Se hace amigo de la persona, no del torero. Por eso distingue muy bien entre su nombre profesional "El Viti", y Santiago que es como siempre le llamara cuando se dirija al matador. "El Viti", encuentra a la vez en este jovencito, hijo de su apoderado, un "baston" dónde apoyarse debido a su extrema timidez. Leen tebeos, juntos, en esos momentos tan angustiosos en la solitaria habitación de un hotel, esperando la hora de la corrida. Le divierte su conversación, su peculiar modo de ser, la defensa a ultranza que hace en los tendidos cuando él torea. Van juntos al cine, Santiago tiene que ver una y otra vez las películas de "Marisol", primero porque eran toleradas y segundo porque sabía que su joven amigo estaba "loquito" por la rubia malagueña. Al cumplir los 13 años, El Viti le brinda un toro a su joven amigo en la Plaza Monumental de Barcelona. José Luis desde su posición privilegiada cerca del diestro, es notario de cantidad de acontecimientos que plasma en este libro. No trata de analizar la tauromaquia de "El Viti", ya hay varios libros publicados sobre su trayectoria artística. El autor trata de desvelarnos a personalidad del torero, el trato con los hombres de su cuadrilla, analizar su época y los compañeros que compitieron en las plazas de toros, en buena lid, para hacerse con el mando del toreo. Descubrir el hombre que hay desde el momento que se quita el traje de luces, cuando desaparece el torero y aparece la persona. Esa humanidad que desde el primer momento supo vislumbrar José Luis, que creció a la sombra del torero, que le dio los primeros consejos sexuales, que le fijó la edad para fumar, que le inculcó la honradez y el respeto. El que le cantaba y contaba chistes de mexicanos cuando viajaban juntos. Al que asombró cuando no viendo ningún atisbo de endiosamiento en el diestro cuando pasó de ser un completo desconocido a ídolo de multitudes. El que demostró una confianza ciega en él encargándole despachar su correspondencia y enviar miles de fotos a admiradores. El que conoció su primer desencanto amoroso. La diferencia de 10 años se fue acortando con el tiempo. Al principio era un crio platicando con un joven que quería llegar ase figura del toreo. En el transcurso de los años, eran ya hombres hechos y derechos, que continuaron siempre siendo amigos. José Luis, le recriminó, la manera de romper el apoderamiento con su padre, y Santiago es al único que le desveló el secreto del por qué de aquella ruptura. Luego en el homenaje que la ciudad de Salamanca, rindió al torero más grande que ha dado eta tierra. José Luis le entregó una misiva de su padre y la última "varita mágica" en la que el apoderado se apoyó los últimos días de su vida. Luego han intervenido en varios coloquios juntos, inclusive celebraron un "mano a mano" en las magnificas jornadas taurinas en Arévalo. Deleitémonos pues con este libro titulado "El Viti y yo" y sean coparticipes de secretos que hasta ahora nunca habían sido revelados.












[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スペイン文化事典 [ 川成洋 ]
価格:22000円(税込、送料無料) (2021/5/9時点)


2021年5月9日日曜日

The Doomsday Flight (1966 夜空の大空港) 何一つ... nada / toros para hoy / Tendido Cero / toros en Aranjuez / コロナ交付金がイカに!?/ ¿Hacia dónde crece Madrid? / Nobel Literature Prize winners since 2000 / (スペインのノーベル賞受賞者)

The Doomsday Flight 59分

 

「高度10,000フィート以下になると起動する爆弾を仕掛けた――」多くの映画に影響を与えた航空サスペンスの金字塔!

ロサンゼルス発ニューヨーク行きの旅客機が離陸した。その直後、航空会社に1本の脅迫電話がかかってきた。「10,000フィート以下のある高度まで降下すると爆発する爆弾を旅客機に仕掛けた。隠し場所が知りたければ10万ドルを用意しろ」。すぐさまFBI特別捜査官フランク・トンプソン(ジャック・ロード)が指揮を取り、捜査を開始。管制塔から、機長のアンダーソン(ヴァン・ジョンソン)に、無線の周波数を変えて伝えられ、操縦室は緊迫感に包まれた。操縦士と客室乗務員は、乗客に悟られないように機内のどこかに仕掛けられた爆弾の捜索を始めるが、なかなか見つからない。燃料は刻々と減ってゆく。乗員乗客たちのタイムリミットは近づきつつあった――。
数々の名作を生み出したロッド・サーリングのオリジナル脚本をドラマ化した傑作航空サスペンス。とてもテレフューチャーとは思えない、濃密なサスペンスの連続が観る者を圧倒する!

 

Plus ça change, plus c'est la même chose.




Domingo 9 de Mayo / 18:00 Castilla La Mancha Media DESDE CIFUENTES (Guadalajara) Toros de Arauz de Robles para Sánchez Vara, Andrés Palacios y Miguel Tendero.  (Pincha aquí para acceder al festejo)

Domingo 9 de Mayo / 18:30 Telemadrid  DESDE LEGANÉS (Madrid). Toros de Núñez del Cuvillo para Enrique Ponce, Emilio de Justo y Juan Ortega.

Domingo 9 de Mayo / 20:00 España – 13:00 México Tauronet.tv DESDE SANTIAGO CUAUTLALPAN (México). Plaza de Toros Cinco Villas. Toros de Fernando de la Mora para Calita, Fortes, Sergio Flores y Adrián de Torres. (Pincha aquí para acceder a la plataforma de tv de pago)











コロナ交付金がイカに!?





Nobel Literature Prize winners since 2000











ノーベル文学賞の「非欧州化」が進む? Nobel de literatura tiene un jurado demasiado “eurocéntrico”


スペインのノーベル賞受賞者

2021年5月8日土曜日

El Legado de | Curro Romero / 明日に別れの接吻を Barbara Payton murió (1967) Kiss Tomorrow Goodbye (Corazón de hielo 1950) バーバラ・ペイトン歿 / revistas literarias 文芸誌 / Córdoba agota el papel para el ‘cartelazo’ del 15 de mayo /


Un psicópata, que se ha fugado de la cárcel donde cumplía cadena perpetua, trata de subsistir reanudando sus actividades delictivas. Para ello corromperá a personajes de las altas esferas...  

 

 

Barbara Payton (Cloquet, Minnesota; 16 de noviembre de 1927 - San Diego, California; 8 de mayo de 1967) fue una actriz cinematográfica estadounidense. 

39歳でした。 

Su verdadero nombre era Barbara Lee Redfield. Nació en Cloquet, Minnesota, en una familia de restauradores, y se crio en Odessa, Texas. En 1945, con diecisiete años, viajó a Hollywood a la busca de una carrera en el mundo del cine, consiguiendo finalmente un contrato con Universal Studios, y empezando a actuar en pequeños papeles. Tras ser descubierta por James Cagney y su hermano productor William, Payton protagonizó el film de Cagney Kiss Tomorrow Goodbye en 1950. Tras ello firmó contrato con la productora de Cagney.

Entre 1955 y 1963, tuvo diversos problemas con la ley – cheques falsos, borracheras públicas, enfermedad mental, abuso de drogas y, finalmente, prostitución.

Además de sus numerosas aventuras amorosas (incluyendo a Bob Neal, el actor Guy Madison y, supuestamente, James Cagney y Bob Hope), ella se casó en cuatro ocasiones:  
  1. William Hodge (boda en 1943, matrimonio anulado)
  2. John Lee Payton, un piloto de la Fuerza Aérea (boda el 10-Feb-1945, divorciados en 1950, con un hijo, John Lee Payton Jr., nacido en 1947)
  3. Franchot Tone, actor (boda en 1951, divorciados en 1952)
  4. George A. Provas (boda en 1957, divorcio en 1958)

En 1967, tras esfuerzos fallidos para dejar el alcohol, se trasladó a vivir con sus padres en San Diego (California), donde falleció el 8 de mayo de 1967 a los 39 años de edad a causa de un fallo cardiaco y hepático. Payton fue incinerada y enterrada en el Cypress View Mausoleum and Crematory de San Diego (California).

1648
01:39:47,935 --> 01:39:50,507
Ya puedes despedirte del mañana
con un beso.

1755
01:40:01,904 --> 01:40:04,520
And you can kiss
tomorrow good-bye.



バーバラ・ペイトン(Barbara Payton) は 1927年11月16日 アメリカ合州国ミネソタ州のクロケットに生まれた。ノルウェー系の移民だった。1949年にロイド・ブリッジスが主演の映画『Trapped(Atrapado)』で劇場映画デビューを果たす。その翌年にはジェームズ・キャグニーが主演のフィルム・ノワール映画『明日に別れの接吻を Kiss Tomorrow Goodbye (Corazón de hielo)』のヒロイン役で出演。徐々にその名も知れ渡り、1951年に製作されたB級映画の『Bride of the Gorilla』や1953年のイギリス制作のホラー映画『複製人間の恋』あたりからは主役を務めている。その後の活躍が期待されたが、映画出演作品は14本に留まり、1955年を最後に活動を停止した。

1967年5月8日、カリフォルニア州サンディエゴの両親の自宅において、心不全と肝不全の併発により息を引き取った。39歳だった。

 

Plus ça change, plus c'est la même chose.






Sábado 8 de Mayo / 18:00 Castilla La Mancha Media DESDE CASAS IBÁÑEZ (Albacete) Novillada con picadores. Novillos de Alcurrucén para Tomás Rufo, José Fernando Molina y Villita.  (Pincha aquí para acceder al festejo)

Sábado 8 de Mayo / 18:30 Telemadrid  DESDE LEGANÉS (Madrid). Toros de El Parralejo para: Javier Cortés, Román y Ginés Marín.

Sábado 8 de Mayo / 20:00 España – 13:00 México Tauronet.tv DESDE SANTIAGO CUAUTLALPAN (México). Plaza de Toros Cinco Villas. Festival Taurino. Reses de Montecristo y Fernando de la Mora para Eloy Cavazos, Guillermo Capetillo, Javier Bernaldo, Javier Conde, Curro Díaz y Adrián de Torres. (Pincha aquí para acceder a la plataforma de tv de pago)

Domingo 9 de Mayo / 18:00 Castilla La Mancha Media DESDE CIFUENTES (Guadalajara) Toros de Arauz de Robles para Sánchez Vara, Andrés Palacios y Miguel Tendero.  (Pincha aquí para acceder al festejo)

Domingo 9 de Mayo / 18:30 Telemadrid  DESDE LEGANÉS (Madrid). Toros de Núñez del Cuvillo para Enrique Ponce, Emilio de Justo y Juan Ortega.

Domingo 9 de Mayo / 20:00 España – 13:00 México Tauronet.tv DESDE SANTIAGO CUAUTLALPAN (México). Plaza de Toros Cinco Villas. Toros de Fernando de la Mora para Calita, Fortes, Sergio Flores y Adrián de Torres. (Pincha aquí para acceder a la plataforma de tv de pago)

33度目のスペイン滞在を振り返る(TV インタビュー出演) Salí en TV


Córdoba agota el papel para el ‘cartelazo’ del 15 de mayo







群像 👉 ルシア・ベルリン3作品を岸本佐知子が訳し下ろし

没後「再発見」され、一昨年『掃除婦のための手引き書』が話題となったルシア・ベルリン。単行本未収録作品から3篇「虎に嚙まれて」「カルメン」「B・Fとわたし」を岸本佐知子が訳し下ろし。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

群像 2021年6月号【雑誌】【3000円以上送料無料】
価格:1549円(税込、送料別) (2021/5/8時点)







☝️ 語学の独習は困難です。挫折する前に Ernesto Mr. T のレッスンで確実な進歩を(40年指導の実績) 👉

Cuanto más A, tanto más B (+ Ernesto Mr. T) = 効率的なスペイン語習得

¿独学 self-teaching autodidáctica? (lágrimas)


¡日本一!の徹底指導